社団法人たった一つの命
たった一つの命の運動
朗読会
活動紹介
HOME > 朗読会 > 朗読会のご報告 A) 学 校 > 2012年06月22日(金) 淑徳中学校 朗読会

朗読会のご報告

A) 学 校

2012年06月22日(金) 東京都板橋区 淑徳中学校 朗読会

 精霊会の中で朗読

淑徳中学校での朗読会
淑徳中学校での朗読会

 都内の淑徳中学校にて、朗読会を開催しました。同中学校は、毎年行われる宗教行事を通して仏教の建学精神が脈々と受け継がれ、120年の歴史ある伝統を輝かせています。当法人の朗読会は、諸先生、ご父兄、全校生徒、総勢600人を超える集いとなり、「精霊会(魂まつり)」の一環として、取り組んでくださいました。

 校旗入場に始まり、一連の宗教行事の後、校長先生より、とても有意義なご講話を頂きました。私どもスタッフは別室においてのモニターを通して、一連の行事を拝聴いたしました。そして、いよいよ朗読会の順番となりました。

120周年記念講堂
120周年記念講堂

 今回の会場は、創立120周年を記念して2011年に建てられたばかりで、音響・映像の設備もすばらしいものが揃った記念教室(視聴ホール)でした。

 そして、司会の先生からの紹介を受けて朗読スタッフが入場すると、生徒さんたちが大歓声で迎えてくれました! とても明るく元気が良い生徒さんたちに感動しました。

 でも、メッセージの朗読が始まると、みんな静かに聞き入っていました。一人ひとり何か感じるものがあるのでしょうか。涙ぐむ姿も見られ、中にはこらえきれなくなって大きな声で泣き出す生徒もいました。

 生徒さんの生の声を聞く

生徒さんたちにインタビュー
生徒さんたちにインタビュー

 世間では子供のいじめの事件が連日報道されていますが、淑徳中学の生徒さんたちを見ていると、どんな子供も「純粋に感動する心」「人のことを思って涙する心」を持っているのだなと思います。

 すべての朗読が終了するのと同時に、割れんばかりの拍手が起こり、私達も本当にここで朗読会を開催させていただき感無量でした。

 また、その後に代表で20名ほどの生徒さんに朗読会の感想をインタビューしました。生徒さんたちの言葉を聞くと、朗読会を聞いた感動がひしひしと伝わって来ました。

 淑徳中学校の皆さん、本当にありがとうございました。

フレンドシップ入会のご案内
ご寄付のお願い
メッセージ募集中!